まずはメールで! ご自宅から移住相談ができます

人口1〜3万人未満の住みたいまち部門で、飯山市が東日本エリア1位にランクイン!「田舎暮らしの本」2022年版 第10回「住みたい田舎」ベストランキング

地方への移住を検討されている方に人気の月刊誌、宝島社『田舎暮らしの本』2月号で「2022年版 第10回 住みたい田舎ベストランキング」が発表されました。

長野県飯山市が次のカテゴリでそれぞれランクインしました。

全国「人口1万人3万人未満のまち」ランキング

長野県飯山市は、全国の「人口1万人3万人未満のまち」(回答自治体数225)で、次の順位にラインクインしました。

若者世代・単身者が住みたいまち 3位
子育て世代が住みたいまち 4位
シニア世代が住みたいまち 3位

3部門とも、東日本エリアでは1位にランクインしています。

全国12エリア別「甲信エリア」ランキング

また、全国12エリア別ランキングでは、移住先として人気が高い長野県、山梨県の甲信エリア(回答自治体数58)で、次の順位にラインクインしました。

若者世代・単身者が住みたい田舎 2位
子育て世代が住みたい田舎 3位
シニア世代が住みたい田舎 2位

「住みたい田舎ベストランキング」とは?

宝島社『田舎暮らしの本』が、2013年2月号より毎年実施しているランキングです。

移住定住の促進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数などを含む276項目のアンケートを実施。751の自治体からの回答をもとに、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング形式で紹介しています。

読者が移住を考える際、希望するまちの情報を規模ごとに選択できるよう、今年は人口別に5つのグループに分けてランキングを実施。若者世代(単身者)、子育て世代、シニア世代の3カテゴリでの順位が発表されました(単身者の増加にともない、若者世代部門が、若者世代・単身者部門に改定されました)。

宝島社『田舎暮らしの本』2月号、「2022年版住みたい田舎ベストランキング」

田舎暮らしの本Web

長野県「街の幸福度」ランキング1位は飯山市!

そのほかに、大東建託株式会社が行った居住満足度調査「いい部屋ネット 街の幸福度ランキング2021<長野県版>」で、飯山市が街の幸福度1位の自治体にランクインしました。

街の幸福度ランキングは、長野県居住の20歳以上の男女、2019年・2020年・2021年合計7,190名を対象に集計。非常に幸福だと思う場合を10点、非常に不幸だと思う場合を1点とする、10段階の回答平均値でランキングを作成したものです。

甲信越エリアでも、飯山市が街の幸福度ランキング1位に輝きました。

いい部屋ネット 街の幸福度ランキング2021<長野県版>

いい部屋ネット 街の幸福度ランキング2021<甲信越版>

飯山市の移住者数は、5年連続で増加中!

飯山市の移住相談窓口である「飯山市ふるさと回帰支援センター」を通して、令和2年度(2020年度)に飯山市へ移住された方の総数は127人でした。同センターを平成15年度に設立して以来、5年連続で過去最高の人数を記録しています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。