令和元年10月12日の台風19号により、長野県飯山市内においても被害が発生しています。現在、全力を挙げて復旧・復興に取り組んでいます。台風19号に関する被害状況、最新情報等はこちら
「ふるさと納税」を活用して、台風19号の被害を受けた自治体を支援することができます。皆様の温かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
「ふるさとチョイス」災害支援 長野県飯山市
「さとふる」令和元年台風19号被害 緊急支援募金 自治体一覧ページ 長野県飯山市をクリックするとログインページに移動します

豊かな自然と、雪国ならではのあたたかい人情味。「ほっとする」日本のふるさと、北信州いいやまに住んでみませんか?

移住先としてトップの人気を誇る長野県の北部に位置する飯山市。移住相談窓口「飯山市ふるさと回帰支援センター」を2003年に開設し、移住者の受け入れを積極的に行っています。
北陸新幹線「飯山駅」へは、東京から最速で1時間41分、金沢から1時間15分。
山々に囲まれ、ゆったり流れる千曲川沿いに広がる肥沃な大地。ふるさと納税でも人気のおいしいお米と、地元産野菜のある暮らしは、なによりもぜいたくです!

いいやま暮らしの魅力をもっと見る!


 移住相談会・セミナースケジュール

東京や飯山市役所で定期的に北信州いいやまU・Iターン移住相談会を開催しています。事前予約制で、1回1時間1組限定です。飯山での暮らしについて、個別にじっくりご相談いただけます。

 


飯山市空き家バンク 中古住宅ピックアップ

空き家バンク 中古住宅物件一覧を見る


 飯山市 移住定住トピックス

飯山市が小さなまち総合部門で20位にランクイン! 田舎暮らしの本「2019年版 住みたい田舎ベストランキング」が発表されました。
地方への移住を検討されている方に人気の月刊誌『田舎暮らしの本』2019年2月号(1月4日発売)で「2019年版 住みたい田舎ベストランキング」が発表されました。長野県飯山市は、人口10万人未満の小さなまちの「総合部門」20位(前回24位、前々回39位)、「若者世代が住みたい田舎部門」6位(前回9位、前々回ランク外)、「シニア世代が住みたい田舎部門」25位(前回32位、前々回ランク外)、「移住相談会の開催数が多い部門」では堂々の1位(前回2位)に輝きました。
また、甲信エリア(長野県、山梨県)では、「若者世代が住みたい田舎部門」1位(前回2位)、「総合部門」5位(前回ランク外、前々回5位)、「シニア世代が住みたい田舎部門」6位(前回、前々回ランク外)を獲得しています。

平成30年度の飯山市移住者数は、過去最高の109人を記録しました
飯山市の移住相談窓口である「飯山市ふるさと回帰支援センター」を通して、平成30年度(2018年度)に移住された方の総数は109人に達しました。同センターを平成15年度に設立して以来、3年連続で過去最高の人数を記録しました。

10月からの幼児教育・保育が無償化にともない、飯山市独自施策で3歳以上児の副食費も「無償化」に
飯山市議会9月定例会が行われ、10月からの保育料の無償化に伴い、飯山市独自の取り組みとして、給食の副食費の無償化(3歳以上児)に関して議会で可決されました。これに伴い、飯山市では10月1日から副食費を含む保育料の無償化がスタートしています。すべての3歳以上児の副食費を無償化する取り組みは県内19市の中では、唯一の試みです。

子育て支援の複合施設、飯山市子ども館「きらら」がオープンしました
小・中・高校生が自由に利用できる「児童センター」としての機能を持ち、乳幼児と保護者が自由に来館できる「子育て支援センター」、就労等で昼間保護者が不在になる家庭の小学生をお預かりする「放課後児童クラブ」があります。さらに、障がいのある児童が対象の「放課後デイサービス室」、「病後児保育室」も併設されています。それぞれの機能を連携させ、総合的な子育て支援が行われています。

飯山市へIターン・Uターンする方向けの移住定住促進住宅 入居者募集中


気になる!? キーワード


いいやま暮らしの情報発信中♪


  四季折々。いいやまのドラマティックな風景!

 


 相互リンク