雪国の暮らし

いいやま暮らし

冬の夜空に燃え上がる炎! 飯山の伝統行事「道祖神火祭り」に密着

1月15日前後の旧小正月のころ、飯山市内のあちこちの集落で「道祖神(どうそじん)火祭り」が行われます。 長野県飯山市内には107区の集落がありますが、そのうちの90以上もの集落で行われている冬の伝統行事です。1つの祭りがこんなに多くの...
いいやま暮らし

飯山では普通に使ってます。雪国暮らしが快適になる「かんじき」を作りました

生まれも育ちもほぼ東京、雪国暮らし2年目の地域おこし協力隊Rです。飯山市内のちょっと標高が高いところに、この冬はじめて長期滞在している方が「ないと困るので、近所の雑貨屋でかんじきを買いました」と言うのを聞いて、ちょっと驚きました。 周...
いいやま暮らし

冬の飯山といえばかまくら!「かまくら応援隊」が作ってます

雪国・飯山の冬の風物詩「かまくら」。1月のある日、信濃平の「かまくらの里」で「今日からかまくらを作るよ!」と聞いて行ってきました。 春から秋にかけて田んぼだった場所は、雪原に様変わりしていていました。そして、大きなかまくらの向こう...
いいやま暮らし

レトロな古道具もたくさん。雪国いいやまを知るなら「飯山市ふるさと館」へ行ってみよう!

東京から飯山に移住してきた地域おこし協力隊Rです。飯山の方言や独自の言葉は、それが何だか想像がつくものと、まったく想像がつかない未知な響きを持っているものがあるのですが、今回はそんなお話を。 1月から展開している「#冬の飯山あるある」ハ...